FXの事ならHOW TO FX

相場変動が活発な時間

相場変動が活発な時間

FXの為替市場は24時間にわたって開いているということが大きな特長です。さらに世界中のトレーダーが一つの市場にアクセスして取引を行うため売買が活発なことでも知られていますが、24時間の間つねに活発な取引が行われているというわけではありません。

特に活発な時間帯があり、その時間を狙ってトレードをすれば利益を得る機会が増えることになります。

為替市場は一つの市場ではあるものの、便宜上東京市場とロンドン市場、そしてニューヨーク市場として区別されることがあります。これはアクセスする場所が異なるわけではなく、多くのトレーダーが参加する地域の時間帯によって区別されているのです。

東京市場は日本時間の8時から18時までを指し、ロンドン市場は16時から翌日の3時で、ニューヨーク市場が21時から翌日7時です。

これらの時間帯は市場名になっている地域のトレーダーが多く参加し、その国の通貨が多く取引されます。もっとも相場変動が活発な時間帯はロンドン市場とニューヨーク市場が重なる21時から3時という時間帯で、米ドルとポンド、ユーロを中心に様々な通貨が積極的に売買されているのです。

FXの相場の読み方

FXの相場を予想するコツ

FXで利益を出すためには、為替相場の読み方を学ぶだけでなく将来の為替レートを予想しなければなりません。しかし、相場を予想することは非常に難しく、トレーダーがそれぞれ自分の方法を手探りで見つけ、実践しています。
もちろん書籍などで相場分析を勉強をすることも大切ですが、その知識を為替市場で活かすのは自分自身に他ならないため自分に合う分析方法を見つけ出すことは非常に重要です。

一つのポイントとして、世界中の人々が参加する為替市場の本質は心理的要因だということが挙げられます。
近年はアルゴリズムが自動売買を行うことも増えてきましたが、現在のところ人間のトレーダーが取引の大部分を担っています。そのため、人間の心理が相場環境に反映されるということを忘れてはいけません。

為替市場はときに理屈通りに動かないことがありますが、それは人間であるトレーダーの心理が働いているからなのです。
他のトレーダーがどういった心理状態にあるのかということが分かれば相場の本質を理解することができ、利益に繋がります。

為替相場を予想するには経験と知識、そして心理を読むことが求められるのです。

評判のいいFX会社・証券

FX会社の評判を見るうえで重要なことが、トレードにおける約定力や約定率です。

FXはチャートなどを分析し、ここで注文しようというところが出てきます。
その際に、注文するのはいいですがそれがすぐに反映されなければ意味がありません。外貨のチャートは常に変動しており、一秒後には急激に変化している場合もあります。
そのような相場の流れの時に、ちょうどいいタイミングで注文できなければ大きな損を出してしまうこともあり、注意が必要です。その際に重要になってくるのが、そのFX会社を利用している人の評価になります。

FX会社の評判の多くは、約定率が大きくかかわってきます。口コミや評価を見る時には、まず約定率を調べるようにしましょう。
徹底比較!口コミ数500件以上のFX会社比較ランキング!

また、スプレッドだけで判断する人もいますが、それはそれぞれの会社によって違うため、スプレッドが小さいからと言っていいわけではありません。スプレッドが小さくても約定率が悪ければ、トレードをするには安全性に欠けます。

口座開設をする際には、約定率の高さやスプレッドの幅、その会社の評判なども考慮して、自分の取引スタイルに最適なものを選ぶようにしましょう。